さかがみフリートーク
♪2004年03月31日(水)  連続更新
いつもながら気が向くと連続更新します。
さっきチラっと進一郎のトークを読んで、思ったんですよ。

傘持たない派も色々あるが派閥があるなあ、と。

実はサカガミも傘持たない派なのです。
傘どころかカバンも持ち歩かない。仕事に行く時も遊びに行く時も
まったく同じような格好でございます。

理由は荷物を持ち歩きたくない。もはやポリシー。
だいたいマスターキートンもそうですけど(って古い?)
必要なものはその場で見つければいいんです。
最低限だけ持ち歩けばよいんです。ハンカチとちり紙とその他
ポケットに入るくらい。

傘だって持ち歩かなくて濡れても、乾くし人間。
特にサカガミはいつでもカラカラ乾いているので丁度よい。

そういえば昔ソロの曲で「雨の中を濡れて歩こう」って曲を演ってました。
今思うと、人に勧めるほどのもんじゃないと思いますが、
なんとなく濡れて歩くと自分を見つめなおせませんか?

ってわけで、人生を見つめなおしたい人は傘を持たずにお出かけをどうぞ。

(注) 風邪気味の方は人生を削る可能性がありますので、お気をつけ下さい。

♪2004年03月30日(火)  PRIDE
意外な事で自分がミュージシャンなんだと意識すると同時に、
自分の小ささや矛盾が不思議な位に明確に見えて驚いた。

それでも何やってる時でも、やっぱり自分の中に音があって
その音を形にする事を望んでいるし、勝ち負けのない世界なんだけど
誰にも負けないって気持ちがある。

みんなだって持ってるかもしれないけど、自分の中じゃ少なくとも
誰にだって負けやしない。
そんな気持ちに遮光性のガーゼをかぶせて、上手に誤魔化していても
シルエットは隠せてもデコボコの形は隠せやしないし、
そもそもなんでこんな無理してんだろう。

そういう小さな自分を改めて見つけてしまって、それでも答えは
やっぱり好きだから、なんじゃないだろうか。

♪2004年03月29日(月)  ネオ屋台??
みなさん、ネオ屋台ってご存じですか?
たまたまこういう呼び名を今しがた知ったんですけど、ようは軽トラック等を
カラフルにペイントして、アジアやエスニックな料理を出す屋台なんです。
よくケバブなんかでやってるのは見かけましたけど、ちょっと調べると

・沖縄風豚の角煮「ラフテー丼」
・フランス風ローストチキン
・1/4チキンとハーブライス
・ハワイのプレート料理

等など、これが全部700円程度で食べられるみたいなんですよ。
ものすごいドンブリ勘定ですけど、ラフテー丼を作るとしてですね
米20kgで14,000円位、薩摩豚スペアリブ20kg33,200円位、その他で20,000円位とし
200人分のラフテー丼が作れるとしましょう。

200×700円=140,000円。原価67,200円。原価率約50%。
140,000-67,200=72,800円 これを30でかけると2,184,000円

なるほど!おいしいお店で一日の売り上げが安定するという条件なら
結構儲かるかも。ってその前にドンブリ勘定だからぜんぜん違うかも。

ちなみにこのネオ屋台、食品だけじゃなくて雑貨屋さんとかも出ています。
こういう個人事業がどんどん流行り、お金が回り経済が回復するとよいんですけどね。

そうそう、そういえばこの間鶴見でもみかけたアレもネオ屋台だったんだろうな。

「タマちゃん饅頭」

あぁ、タマちゃん・・・鶴見川にカムバック。しないだろうし、
しないと売れないだろうなあ。

あ!後、鶴見には銘酒「鶴見川」って日本酒があるんですよ。
飲みたい人、います??
僕は好奇心に負けて数年前に飲みましたが、まだこうして生を楽しんでますし
もし良かったらどうぞ!

なんだか今日はとりとめがない文章だなあ。

♪2004年03月26日(金)  なんだいなんだい!?
示し合わせたように、進一郎も貝山ちゃんも更新しちゃってさ。
見つけちゃったから俺も更新しないわけにはいかないじゃない。

そんなお調子者の坂上は、ちょっと宣伝から入りましょう。
予定として4月1日をメドに、ホームページのアドレスを移動します。
皆様は今までどおりここにアクセスしてくれればよいので
まぁ普段通りに日課としてNOTHINGのホームページを見てくださいな。

なぜ4月1日かっていうと、この日ならもし更新忘れても
エイプリールフールでごまかせるし・・・・

いや、こうやって公表しちゃったら逆に
更新忘れたら「嘘つき&忘れんぼ&お調子者」というレッテルを貼られてしまう!
かといってありきたりに更新したらなんだか「ツマラナイ男」とか思われるかも。
どっちに転んでもあんまり美味しくないなあ...

♪2004年03月15日(月)  どのネタにしようか迷ったけど
引き続きELTネタ。

このcommonplaceってアルバム、比較的全部よい感じ。
その中でも

2. ファンダメンタル・ラブ
3. water(s)
5. country road
8. うらうらら

これは、どれも曲の感じが違っていて好き。
購入のきっかけになった「country road」は当然BestWorkとして
ビビっと着たのが「water(s)」アレンジ&MIXが素晴らしい。
ボサノヴァ的なメロディをあえて、ポップスのグルーブにしてる。
その逆はよく耳にするけれど。逆転の発想かなあ? 発想の転換は大切だよね。
日本語楽曲の中ではピカ1の輝きを感じました。

「ファンダメンタル・ラブ」は楽曲的には別にどうって事ないのだけど
「darling」の歌い方最高!
バカっぽい口調の歌詞だけど、歌詞も良いかも。

そして、とっても驚いたのが「うらうらら」て曲、
持田 香織さんの作詞作曲じゃん!うそん。意外に才能豊か。
まさに「はて?」って感じ。
どっちかっていうとCHARA的な曲調。CHARAをポップ色に染めた感じというか
切なくないCHARA。いや、褒めてるんですよ!

このアルバムを聞いてすごく感じたこと。
持田 香織さんのVocalistとしての表現に想像以上の豊かさがあったこと。

昨日も書いたけど、すごく同じような曲ばかりに聞こえてたんですよ。
これから書くのは全部褒め言葉ですが、

ソラアイという曲は非常にcocco感があるし、life cycleという曲はYUKIっぽい。
でも〜っぽいっていう以外の所で、すごく力強い表現をするときに魅力爆発。
つまり彼女の底の深さを感じられる瞬間がいっぱいつまってるんですよ、このアルバム。

次を期待したくなる事...
それってミュージシャンにとって最高の賛辞であると同時に、
好きなミュージシャンに何より望んでしまうよね。

ってわけで、今練習中の新曲、期待してね!
曲名は「サゐハテ」いいます。

♪2004年03月14日(日)  内緒にしようと思ってたんだけど
この間、色々CDを買いに行ったんです。
Vocalレッスンの課題曲。(なんの曲かは内緒)

そしたらね、
なんだか心くすぐるAcousticGuiterがイキナリ僕を捕らえたんです!
歌が始まった時の第一印象は、どこかで聞いた事があるすごい甘い声で
「その声」にガッチリやられちゃったわけです。
歌詞は全部英語。舌ったらずな歌い方。どこかで聞いた事がある?って
いくら考えてもわかりません。最近来日した洋楽アーティストを浮かべても
誰も該当するような人も思い浮かばず...困った。

思わず店員さんに、今かかってるのって有線か何かですか?
って聞いてみると「いや、そこに並べてあるCDですよ」とのこと。
誰とも見ずに手にとってレジに出し、その後で改めて誰の曲だろう?と見ると

!!!?

「あの...この曲、本当にコ、、コレが?」と聞いてしまいました。
いや、本当に疑ったのですよ。(店員さん、ごめんなさい)
店員もかけてるCDを出して「えぇ、これです」と。

目の前で見ても、家に帰って実際に聞くまで信じられませんでした。
正直見直しました。だって、このユニットの売れてる曲はどれも同じような感じ。
そう思ってましたから。アルバムなんて聞きたいと思った事もなかったんです。

全11曲の中で、その英語の歌はあの目立たないギターが作ったものでした。
アルバムの中で唯一作曲された曲でしたが見事だと思いましたよ。
他にもこのアルバムの中には僕の琴線に触れる曲があって、結果的に買って万歳!

every little thingの「commonplace」から
"country road"

今日のheavyTunesです。

♪2004年03月08日(月)  もういっこ!
下の続きですが

フレディーが歌っていて、まれに若干歌い始めが遅くなる事があるんです。
でも、よーくみると、あのうざったらしいイヤホンモニターを
フレディーは使っていない!!!!

その上でステージ上を駆け回ってる。

ねぇ、見習おうよ、最近のTVアーティスト。

♪2004年03月08日(月)  放置しすぎた
もうなんだか気になっちゃって。
別に”ネタがない”ってわけじゃないんですよ!

とか言ってみたり・・・

この間「QUEEN」の”LIVE AT WEMBLEY STADIUM”を買ったんですよ。
QUEEN好きのアーティストがなぜか心の琴線に触れる僕にとって、
すし屋に例えるなら、QUEENというバンドは”親方”になるんですよ。
(ちなみに好きなアーティスト達は”兄さん”でしょう、やっぱり)

まだ全部を通してみることができず、好きな曲をピックアップして
ちまちまと聞いていたのです。

ちまちまといえば妖怪探偵ちまちま...いっいかん、ネタが進一郎的だった。

てわけでRADIO GA GA とか WE WILL ROCK YOUとかを聞いてるのですが
すごいと思ったのはIMPROMPTUって曲。このフレディーはマネできない!
ジョージ・マイケルでさえマネできるかどうか...

あとすごいんだけど、残念なのがBOHEMIAN RHAPSODY。
途中の部分でステージから全員がいなくなってビデオクリップになってる。
まぁあれだけ重厚なコーラスを4人でやるのは難しくても、でも残念。

まだ数曲しか見ていないのに、フレディー・マーキュリーの
ステージパフォーマンスのなんとも愉快で魅せ、そして熱い!こと。
こういう熱さはRock!でしか楽しめない。断言!

ねぇ、
落ち着いてる場合じゃないんじゃないの!!

とか、書いてみたり。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 

ALL   TODAY    YESTERDAY