さかがみフリートーク
♪2006年04月24日(月)05:55  ジャック・ジョンソン
おはよーございます

もう2週間も前になるかと思いますが、
ジャック・ジョンソンのライブに行ってきたんですよ。

その前座としてALO (Animal Liberation Orchestraの略らしいです)ってバンドが
出てきたんですが、この方達がものすごくイイ!

メンバーはVo&K Vo&G Vo&B Vo&Dr となんと全員歌ってます。
NOTHINGでやりたかった全員Vocalが違和感なく、カッコよく!

こういうの、やりたかったんだよなあ

サウンドもハワイアン的なユルさだけじゃなく、ファンキーだったり
プログレぽくなったり、アレンジも素晴らしい上にギターソロではサクラ弾いたり
音楽でいっぱい遊んでます。すごく楽しんでます。

メインのジャック・ジョンソンは大人なサウンドで
「みんな、楽しんでください」的なステージだとするなら、
ALOは「どうどう?楽しそうでしょ?楽しいよー、こっちこいよー」的。

スタジオ入ったりすると、誰かが適当に弾き始めた
リズム、コードに適当に合わせてジャムる事がありますが、
ALOはハイレベルなジャムを楽しめるバンドでした。

ジャック・ジョンソンも良かった。とっても。
(つけたしコメントみたいですが、ホントに良ライブ!でしたよ)

♪2006年04月10日(月)05:08  もしも夢だとしても
睡眠時間ってヤツは返ってこないんです
人生と同じで...

あー、夜が明けてきたよ
過ぎ去ったものを求めても始まらないから

あの朝日に向かって!


あ”−へんなテンション

♪2006年04月10日(月)03:04  やられた...
カナシバリ デス

電磁波のような強い振動に頭を押さえられてる中、
二つの大きい目でジーーーーーーーっと見られ続けました

おかげで、眠るのヤなかんじ。。。


(●)(●)


   ↑
  こんな感じだった、、、

♪2006年04月10日(月)00:02  ライブ鑑賞 玉置浩二さん、小坂明子先生
久々にプロアーティストのライブを観てきましたー。

まず、金曜日に玉置浩二さんのライブ。
これは行くまでの間に色々なグダグダがあって、
いろんな人に迷惑をおかけしまして、、、
まぁ、そんなわけでちょっと下降気味のテンションでライブを観たのですが

最高でした!
知ってました。この人のライブが最高な事は。
何が、、と聞かれたら、答えはやっぱり歌声。
それに加えて前から10列目の良席。素晴らしすぎる。

曲目は安全地帯〜玉置浩二ベストのような作りだったので、
あんまり曲を知らない僕も十分楽しめました。

この人のライブはたぶん8年ぶり位なんですけど、やっぱり最高のまま
変わりませんでした。

ある意味理想です。
本当に良いものを知りたければ、1度は見ておくべきでしょう、と、
自信を持ってお勧めできます。

---

土曜日は小坂先生のライブでした。

小坂先生のライブは、まずステージ効果が素晴らしく優しいんです。
人柄が出てるというか、本当に温かい気持ちになれるんです。
でも、先生のピアノや声、曲、いずれも、たぶんちょっと切ないんです。

だからか、すごく人間らしい。

クラシック寄りのライブなんで、どっちかっていうと客観的に見そうになるけど
そこに具間見える人間くささが、なんともライブっていうか、生きていて
そのバランスが何よりも先生の持ち味なんだろうなあって思います。

そして、やっぱり「あなた」は名曲です。
この楽曲を世界に送り出してくれた事に感謝しましたし、
その先生に教わっている事を誇りに思えました。

くすぶってる場合じゃないって、思える事が回りに沢山あります。

♪2006年04月03日(月)14:28  始業気分
4月第1の月曜日、
様々なフレッシャー達が、新しい環境をスタートさせたと思います。

まったくフレッシュじゃないにせよ、
やっぱりこんな日は背筋がピンと伸びますね。
こう、気を引き締めよう!って気になるというか。

そんな中、ありえない事件が坂上の身に降りかかったのです...

朝、自転車で駅まで通ってる僕は
今朝もいつもと同じように自転車をこいでました。
およそ700mの距離、それはいつもの道だったはずでした。

あの時まで。

京急の下にある自転車置き場、そこにいつもと同じように自転車を止めようと
曲がった瞬間

ガゴッ!!

理解できない音とともに自転車は宙に浮いたのです。
とっさの事に何もわからないまま、転ばないようにバランスをとる僕

背後から「キャーーーーー!!」という悲鳴
その声に驚いてバランスを崩し、転倒して振り返ると

そこに観たものは、、、、なんと!!

(続く)



って、やりたいんだけど、フリートークではそうもできません。

実際にあったのは、なんと下水道の蓋!
ありえなくないですか!?

あの道路わきにある鉄格子みたいなやつ。普通は地面に埋まってますよね。
そこに、まんまるいはずの車輪が引っかかって、鉄格子はひっくり返り
僕もひっくり返ったわけです。

気合、台無し。
これがホントに空周りだよ。とほほ。

♪2006年04月01日(土)09:23  ポワソン・ダブリル
ちょっと前までは子供がワサワサと山を作っていたムシキング。
あれ、ちょっと側で聞いてみてくださいよ。こんな声が聞けますから。

"ムシンキングはやめてくれ、ただのカブトムシさ"

これってアンパンマンに例えるなら
"アンパンマンはやめてくれ、ただの小麦粉さ"みたいなものですよ。

夢がないなあ

せっかくの4月1日ですから、夢のある話にしたいなとネタ探しにブラウズしてたら
皆色々遊んでますねー。良いことです。

嘘をつくのもパワーと忍耐が必要ですが、まだまだ日本にはパワーがありますね。

でもフリー百科事典の『ウィキペディア(Wikipedia)』でネタを入れるのは
ちょっと問題かも。(検索:エイプリルフール)誰か信じたらどうするんだろう?

まぁいいか。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 

ALL   TODAY    YESTERDAY