さかがみフリートーク
♪2012年07月28日(土)22:30  オリンピック
とうとうはじまりました、ロンドンオリンピック
今ちょうど、福見選手が準決勝で敗れた所でフリートークを書き始めました。

残念ですけど、すでに引退も宣言しているので
この後ぜひ銅メダル目指して頑張ってもらいたいです。

開会式、リアルタイムで観たかったんですけど起きていられなくて再放送で観たんですけど
聖火点灯の所、とっても良かったですね。

各国の名前が刻まれた銅の花に順番に火が点灯し、
その小さな火がひとつにまとまって大きな炎となるシーン

オリンピックの姿を本当に素敵な形で表現しましたよね。

それぞれの国だけでは小さくても、それが集まりまとまる事で大きくなる。
スポーツによる平和、伝わりました。

さて、もうひとつの見所はやっぱり音楽で
ロンドンというだけあってやっぱりビートルズ、そしてPaul McCartneyでしたね。

個人的にはRingo Starrも参加してもらって、
存命2人でThe Beatlesっていうのも面白いかなとか勝手に想像したりしましたけど、
でも、仮に今の新しいボーカリストを迎えたQueenが演奏するのも微妙だし、ポールだけで良かったかな。

できれば、閉会式でDEF LEPPARDが出て欲しい。とか思いつつ、
イギリスには他にも素晴らしいアーティストがいっぱい居ますので、どうなるかなあ。

僕には最高に楽しいオリンピックシーズン
ぜひぜひ、スポーツマンシップあふれる清々しい全力投入を見せて頂きたいです。

♪2012年07月16日(月)20:37  バースデー ^ ^
今日は〜Happy Birthday〜
だったんですけど、仕事...復帰の日なのでございました。

一週間休んだだけなんですけど、人間は一週間もあれば色々と抜けていくものです。
特に仕事なんて、まっさきに抜けていくものです。

うん

ところで昨日、外人さんが日本の歌を歌う番組やっていましたよね?
なんか、僕らも洋楽とかは良く聞きますし歌いますけど、英語は世界の共通言語じゃないですか。

(うぅ、あの歌の話に脱線したい)

だから僕らが英語の歌を歌っても、英語圏の人はなんとも思わないと思うんです。

ただ、今回のバリ島の旅行で
僕らが上手く英語を話せない時に、向こうが日本語で伝えようとしてくれたりする事が多々あって
言葉の壁を越えてきてくれる事のありがたさをすごく感じたんですよね。

(うずうず)

だからか、海外の人達が一生懸命日本語の歌を歌ってくれた事や、
日本語の言葉の綺麗さを損なわずに歌ってくれた事がとても嬉しくなったんですよね。

テレビ番組的に点数を付けてましたけど、優劣を競うのでなくて
ただ海外の人が日本の歌を歌ってくれるというだけで素敵な番組になると思うんですよね。

ホントに日本語に誇りを感じつつ、そして日本語の美しさをを感じました。

さて、ひとくくりついた所で、、、
ちょっと前に「この世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」って歌がありましたけど、
これ、いいフレーズですよね。

実際今回のバリ島でも、
笑顔で話しかけると、たとえ言葉は伝わらなくても向こうも一生懸命話を聞いてくれたり、
伝えようとしてくれたりしてくれるんですよね。

そして、笑顔を返してくれる。

僕はどちらかというと無表情気味なんで、数年前に会社の人に「顔怖いから笑顔で話して」って言われたことがあります。

その時は左から右でしたけど、
バリ島での一週間、何度かこの記憶を思い出して笑顔でコミュニケーションを取ろうと努めました。

ぎこちなかったと思うけど、それは慣れていないから。
ちょうどこの誕生日を機会に、笑顔を意識するのも良いのではないかなって思ってるわけです。

そんなわけで、また来年まで
みなさまよろしくお願いいたします。

^ ^

♪2012年07月15日(日)09:25  バリ島 帰国
昨日の23:30頃、無事に羽田空港に戻ってきたんですけど
税関やら荷物の回収やら色々やっている間に0:00を回ってしまい、電車では帰れない状況になりました。

深夜バスとかタクシーを利用して帰ってきましたけど、、
まぁ帰宅できるギリギリまでバリに滞在できていたとポジティブシンキング。

さて、バリ島の最後は朝からお土産物を買いに行ってきて、12:00にチェックアウト。
その後空港にてチェックイン手続きの後に空港の中でバリでは有名な日本料理店「福太郎」でお昼を食べて
水を買って、それから免税店を観ようと思ったら、飛行機の搭乗時間より30分も早いのに搭乗ゲートに集まれというアナウンス。

で、行こうとすると、なんとここで2回目の持ち物検査。
せっかく機内で飲もうと思って買っていた水を回収されてしまいました。

今まで色んな国に行きましたけど、飛行機に乗る前に持ち物検査があったのは初めてですね。
僕ら以外でも出国手続き後に水を買って回収されている人がいたみたいなので、今後バリに行く人はお気をつけくださいな。

飛行機に乗った後は約7時間のフライト。

この間に映画を3本観ました。
ライアーゲーム、麒麟の翼、そして『ジロー・ドリームス・オブ・スシ(Jiro Dreams of Sushi)』

このJiro Dreams of Sushiは、機内誌で観て、なんだこれ?って思いましたが、
僕もJiroのあだ名を持つ男。観ないわけにはいきません。

どんな映画かというと、アメリカのドキュメンタリー映画で
銀座にある江戸前寿司の名店「すきやばし次郎」の85歳の寿司職人、小野二郎氏と息子達を追ったドキュメントでした。

ミシュラン3つ星の名店なんですけど、ひとり30,000円から、お任せのみ。という
とてもじゃないけど、僕には手が出せないお店です。

ドキュメンタリー映画としては特に面白いとは思わなかったですけど、いずれ食べてみたい!と思うには十分の内容でした。
独身時にこの映画を観てたら食べに行ってるかも知れませんでした。

さすがに今は無理なので、六本木にある息子さんのお店のランチなら15貫で17,850円らしい!
こっちなら、、、いや、無理ですね。

でも将来お金持ちになるためのモチベーションとして記憶に残しておきましょう。

おっとバリとは全然関係ない話になってしまいましたが
とりあえず無事に帰ってきた報告を兼ねてのフリートークでした。

♪2012年07月14日(土)02:09  バリ島6日目
まずはシンイチロウと母上様、ハッピーバースディ。
文章書いてたら1日遅れてしまいましたが、今は離れたバリ島よりお祝い申し上げ。

さて、今日はバリ島最後のオプショナルツアーです。山のほうの観光ですね。

最初に行ったのがバロンダンスの鑑賞。
バロンダンスはバリの民族楽器ガメランを使って行われる踊りです。
よくバリ雑貨屋さんとかで流れているようなサウンドの中、こんなストーリーが展開されていきます。

・サワデ王子は死神の生け贄になる予定でした。
・女王や首相はサワデ王子を助けようとしましたが、魔女の魔法にかかって逆に王子を捕らえてしまい、木に縛り付けました。
・捕らえられた王子の姿を哀れんだシワーの神が、サワデ王子を不老不死にしました。
・死神がサワデ王子を生け贄にしようとしましたが、不老不死のため生け贄にできません。
・死神、サワデ王子に「代わりに自分を殺して」とお願いしました。サワデ王子に殺された死神は天国に行けました。
・死神の弟子のカレカ(女)が「自分も殺して」とサワデ王子にお願いしました。
・王子、これを拒否。
・カレカ、キレる。怪物になって王子に挑むが敗北。
・カレカ、王子と再戦。今度は鳥になって王子に挑む。またも敗北。
・カレカ、最後の力を振り絞り、悪魔の女王ランダに変身。
・王子、旗色悪い。
・王子、真実の神バロンに変身。
・ランダとバロンの力は均衡。そのまま決着つかず。

まぁこんな話ですね。
この世の中には善悪が必ずあって、それは永久に無くならない、という話だそうなんです。

踊り、と銘打ってますが、ストーリー仕立てなんですね。

ただ最初に迷ったのが、王子が女性なんです。
なので、誰が王子なのかしばらくわからなかったんですよね。
しかも、格好も女性っぽい格好してるし。
観客の気持ちとしては、もうちょっと男っぽい格好にしてもらいたいです。

バロンダンス鑑賞の後は、キンタマーニ高原でランチ。
これツイッターでも書いたんですけど、日本人には最高に微妙な名前ですよね。

それはさておき、本来ならばここからは山と湖が見られる絶景ポイントらしいのですが
僕らがついた頃には霧が出てきていて、あまり景色は見られませんでした。
それでもランチを食べている最中には霧だらけで何も見えなくなったので、まだ少しでも見られてラッキーでした。

次の観光地は、段々水田の見学。
山を切り崩して水田を作っている場所なんですけど、スゴイ場所でした。
なんて表現するか本当に難しいのですが、山の上から下に下に、段々の水田があるんです。
山を切り崩して、ここまでの水田を作った人たちの努力に脱帽です。

水田の後はウブドというバリ島にある街でフリータイム。
クタも道の状態はひどくて本当に歩きにくいのですが、ウブドではよりひどく
また車やバイクの排気ガスもヒドイ状況。
1時間くらい散歩をしていたんですけど、後半は排気ガスで頭痛が始まりました。
正直な所、二回目はごめんなさい。という気分です。

街としては発展しているので、好きな人は好きだと思います。
でもアジア上級者向けの場所な気がしますね。

ウブドの観光の後には、ケチャックダンス鑑賞です。
ケチャックダンスは男性の声のリズムに合わせてダンスを行うというもので、楽器は使いません。
また、こっちもストーリー仕立てになっていました。

・ラーマ王子とシータ姫、ラーマ王子の弟ラクサマナ王子が広場に行くと、黄金の鹿を発見。
・シータ姫「ラーマ王子。あたしのためにあの鹿を捕まえてー」
・ラーマ王子「オッケー。じゃあ弓を取ってくるよ」
・シータ姫が一人になった所、大王ラワナが現れてシータ姫をさらい、アレンカ宮殿に連れ去る。
・シータ姫「あぁ...捕まっちゃった。あたしちょー不幸なんだけど」
・その頃のラーマ王子。鹿の捕獲に失敗。そしてシータ姫がいない事に気がつく。
・シータ姫のもとにラーマ王子の飼い猿ハヌマンが登場。
・シータ姫「なにこの猿!?」
・ハヌマン「私は王子の使いのものです」と王子の指輪を見せます。
・シータ姫「本物っぽいわね。...はやくラーマ王子にあたしを助けろって伝えて。わかった?」
・ハヌマン「あのー、なにか王子様に持っていけるものはありませんか」
・シータ姫「あー? それじゃあ、これ」と髪飾りを渡しました。
・ラーマ王子、大王ラワナの息子と戦闘開始。敗北。捕まる。
・ラーマ王子、ガルーダ(鳥)に助けられる。
・ラーマ王子、猿の王様スグリワを引き連れ、再戦。数に勝るラーマ軍の勝利に終わった。
・ラーマ王子、シータ姫を連れてアヨディナ宮殿へ。その後は幸せに暮らした。たぶん。

話の流れはこんな感じです。

これ、王子も王女も鹿も全部女性が演じてて、誰がなんなのか全然分かりませんでした。
王女が捕まったあたりからなんとなく分かってきたんですけどね。

その後に、サンヒャン・ドゥダリダンスというものが始まりました。
サンヒャンが神聖という意味、ドゥダリは天使という意味らしいです。
二人の少女が踊るのですが、神聖な儀式のため処女じゃなきゃいけないらしいです。
確かに踊っている少女はまだまだ子供だったので、ノイちゃんは真実味がある、と言ってました。

その次が、サンヒャン・ジャランダンス。
こっちは少年がジャランと呼ばれる馬の模型に乗っかって、火のついたヤシの固まりを蹴り飛ばすというもの。
かなり熱そうなんですけど、お祈りでトランス状態になっているから熱くないそうです。
ただ、こちらは少年という範囲は超えて青年でしょう、って感じ。
それなのでノイちゃんが少年じゃないと文句を言っていました。

ちなみにだいたい1時間くらいだったのですが、その間男性達(25人くらい)はずっとケチャック、ケチャック、チャチャチャのように叫んでます。
かなり強靱な声帯をしていますな。僕なら後半声が枯れてるかもしれません。
って歌歌いがそんな事いっちゃいけませんね。

最後にパビリオンというプライベートビラのホテルに行って、デラックスディナーのコースでバリ島の旅行を締めくくりました。

明日は日本に帰国であります。

行く前は長いと思っていた一週間でしたが、あっという間でした。
明日15時の飛行機に乗って、また7時間強のフライトが待っているので、そろそろ寝たいと思います。

それでは。

♪2012年07月13日(金)07:07  バリ島5日目
今日はレンボンガン島でマングローブ鑑賞とシュノーケリングです。

今回の旅行で気がついたのですが、バリ島のツアーのお迎えは時間前にしっかり着ていて僕らがちょっと前に行っても必ず待ってるんです。

今日はツアーの中で一番早い7:45にホテルのロビー待ち合わせだったので
僕らもなるべく早めにロビーに向かってみたのですが、今日に限って時間にちょっと遅れてきました。

まぁ数分なんですけど。

ツアーに同行する人たちを違うホテルで拾った後、港に行って
それから40分くらい高速ボートに乗って移動すると、バリ島の隣の島「レンボンガン島」に到着です。

レンボンガン島は珊瑚礁が集まって出来た島で、人口は1400人くらい。
漁をしたり、化粧水やアイスの原料となる海草を養殖&加工することで生活が成り立っているそうです。

地面は珊瑚礁のため農業はできず、自力で飛んできた鳥以外の動物は
すべてバリ島から運んできたそうです。

みんな顔見知りなので、この島には犯罪がなく、そのため警察がないそうです。
なので、小学生くらいの子からバイクに乗ってる姿をチラホラ見ます。

※バリ島でも中学生くらいの子からバイクに乗ってるところをよく見かけます。
 大きい道路以外では警察は捕まえないそうです。

2005年まで電気が着ていなかったらしく、台風もこないので家はカヤブキ屋根だったり
ガイドさんも言っていましたが、この時代にこういう生活を営んでいる人たちがいることに、ちょっとした驚きがあります。

海辺にあるマングローブを見たり、ボートに乗ってマングローブの森を見ながら、
ガイドさんは色々な話を教えてくれました。

レンボンガン島ですが、島の2/3はマングローブだそうです。
恥ずかしながらこのツアーで初めて知ったのですが、マングローブといのは木の名前じゃなくて
海で生息できる木の種類の総称だそうなのです。
なので、ヤシの木もマングローブだそうなのです。

マングローブの実の中には猛毒を持つものもあるそうですが、
その実を茹でて1日寝かして、流水で洗い流して、その後蒸して、最後にご飯と一緒に炊くと食べられるそうです。

マングローブは年間で葉を落として休む事がないから年輪がない、とか、
ボートで通ってる道は潮の流れによって出来ているが、マングローブの成長によって2025年にはなくなってしまうそうです。

そして、マングローブは海中の中の二酸化炭素で生長できることから、
今、地球温暖化対策のために非常に注目されている植物なのだそうです。

そして日本でも鹿児島のほうで、マングローブで有名な場所があるそうなんです。

正直な所、このツアーには全然期待はしていなかったのですが、
とても意義のある話や、リアルジャングルクルーズ体験は、とっても印象に残るものでした。

その次に、ボートでちょっと沖に出てシュノーケリングです。

昨日までのダイビングから、あまり海の綺麗さは期待していなかったのですが、
バリ島とは違ってレンボンガン島の海はとても綺麗!
セブ島に近いくらいの海の透明度があって、魚もたくさんいて、下は一面の珊瑚礁。

潮の流れは速かったのですが、潮に乗るだけでほぼ体力を使わずに
45分という短い時間ですが、かなり遠くまで移動して、いろいろな海中の景色を楽しめました。

その後、食事して、バリ島に戻って、このツアーの終了です。

ホテルに戻った後、ダイビングのインストラクターに紹介されたお店「マディスワズン」に行きました。
食べたのは勧められたナシチャンプルー、そしてビーフサテとエビの春雨。

ナシチャンプルーはご飯の上に色々なおかずが乗っかっている定食のようなものなのですが
お味としては口には合いませんでした。
現地の味に慣れている人なら美味しくいただけると思うのですが、僕らはまだそのレベルじゃなくて。

でも、色々なメニューはあるし、大変な混雑ぶりから人気店である事はわかります。
クセが強めのタイ料理とかでも美味しくいただける人にはお勧めのお店ですよ。

で、僕はこの店でご飯を食べてる最中にどんどん体調が悪くなりまして。
もちろんお店はまったく関係なく、疲れとかがどっと出たのかもしれません。
ホテルに戻って、薬を飲んでバタンキューです。

で、起きてからこのフリートークを書いてるのですが、
カメラとか携帯の充電とか、色々とノイちゃんがやってくれていたみたいです。

色々と助けてもらってるなあ。

明日、というかもう今日なんですけど
バリ島の達人ツアーというメニューで山のほうに観光に行ってきます。

なんだかあっという間に時間が過ぎていきますね。

♪2012年07月12日(木)00:51  バリ島4日目
今日はダイビング講習の最終日。

昨日やり残したスキルと、海中での最終スキルチェック。
それが終われば、とうとう念願のダイバーになれるわけなのですが、、、

その前に昨日のフリートークで書き忘れた海の怖さを実感したお話をお伝えしましょう。

「水深8.5mで結婚指輪を落とす事件」

ここまで書けばもうお分かりでしょう。
そう!昨日の講習中に僕の指輪がするっと指から抜けていったんです。

その瞬間、たまたま指先に何かが触った感触があったので指を見てみたら
ない!!そこにあるはずのものがない!!

焦りました。ホントに。

下は幸い砂地だったので一生懸命探したのですが、海の中では陸地と見え方が違います。
これか?と思ったものが全然違うものだったりするんです。

水温が急激に下がっていくような気分の中、もう一度よく目を凝らしてみると
そこに銀色に輝く何かがありました。

ワラにすがるような思いで手を伸ばした先に掴んだものは、一度指先から抜け落ちた幸せの形だったのです。

いやー、ほっとしました。

ノイちゃんに拾った指輪を見せたところ、落とした事を理解したらしく、
そして見つけたことにほっとしているようでした。

と、いう事件が昨日あったため、今日は最初から指輪はしないでダイビングのスタートっです。

昨日やり残したスキルを終えた後に1本目のダイブ。
比較的浅い所で、海中でゴーグルを頭から完全に離してもう1度付けるスキルや、
海中の同じ位置に浮き続けるスキル、コンパスを使って正しい方向に往復するスキル等をやって、
最後に、緊急時に海面に上がる際に「あー」と言いながら上昇するスキルをやって、
これをクリアして、スキルチェックは終了です。

2本目のダイブまで船上でしばらく休んで、バリの美味しいお店やお菓子の話を聞きながら時間を過ごし、
そして2本目のダイブのスタートです。

ここではインストラクターの後をついて水深14mまで。過去最高です。
なかなか上手に耳抜きができなくて、結構頭が痛かったりしていたのですが
何度も何度も耳抜きをして、なんとか体が慣れてきたので後半はゆっくり海底散策。

正直やっぱり海はそこまで綺麗ではなかったのですが、
それでもやっぱり色々な魚たちの営みを見るのは楽しいものです。
あっという間に時間は終わってしまいました。

海上に上がって、岸に戻って、
そして、夫婦そろって同じ日に世界認定企画PADIオープンダイバーになったのです!

良い記念になりました。


さて、戻ってきてからデュランカフェにGO!

というのも、実はノイちゃんはデュランに着た1日目、2日目ともに
バナナを揚げたデザートを注文していたのですが、ずっと売り切れ終了と断られていたんです。

で、昨日「開店時にくればあるのか?」を聞いてみたところ、
「ランチ以降ならあるよ。でも一番最初に売り切れちゃうよ」と言われまして。
”意地でも食べる”と意気込んでいたんです。

そして、デュランカフェの店頭でバナナの揚げ物はまだあるかを聞いたところ、
昨日の店員が「やぁ、君たち。覚えてるよ。バナナの揚げ物ね。今日はあるよ」とのこと。

”やったー”と喜ぶノイちゃん。そして席について注文。

ところが、ウェイトレスさんに注文を伝えたところ
"empty"

え?だってあるっていったじゃん。と、「ある」と言った店員を睨むノイちゃん。
ウェイトレスさんも同じ店員を見て何やら話をした後「OK」と。

”バナナの揚げ物 アイスクリームを添えて”
オーダー完了。

ついでに僕はベジタブルサテを頼みました。
ダイビングのインストラクターにお勧めされたテンペという、納豆を固めたようなものがあったからです。

ノイちゃん、念願のバナナの揚げ物を食べて一言
「まあ想像通りの味」

たしかに。非常に想像通りのお味でした。

ベジタブルサテにはテンペ以外に、マッシュルーム、パプリカ、ナス、そして揚げ豆腐が串焼きになっていて
さらに何やら黄色いライスもついてきて、しっかりとご飯になっていました。

デュランカフェを出た後、ちょっと経ってからエステへ。

今回のフランジパニ・エステティクスという所。

場所はヌサドゥアと住所に書いてあったのでダイビングスクールの近くかと思いきや
もっと全然クタよりの所で、いきなり反対車線の坂に上っていきます。

!!?
と、疑ってみましたが、その坂を登り切った所にエステはありました。

エステの内容は割愛するとして、ここでもちょっとしたハプニングがありました。
ヘッドスパをやっている最中に飲み物を飲めるのです。
僕はジャワティーを頼んで、ノイちゃんはミックスジュースを頼みました。

僕にジャワティーが運ばれ、カップにティーが注がれ、
そして、ミックスジュースが僕の体に注がれました。

あまーい香りとヒンヤリとしたミックスジュースに、太ももから癒されて...って
癒されるかーーー!!

と、まぁヒドイ体験をしたとはいえエステそのものは本当に良かったと思います。
特にカップルの人はフラワーバスのコースを選んでみてください。きっと驚いて、幸せな気分になれるでしょう。

それにしても、ノイちゃんからも「本当に持ってるね」と言われてしまいました。

「冷たいジュースで良かったね。もしジャワティーだったら火傷してるよ。ジャワティーとどっちにするか迷ったし」と、
なぜか最後はラッキーだったね、という会話で終わったので、
僕はラッキーという事にしておきましょう。

♪2012年07月11日(水)06:13  バリ島3日目
今日はダイビングスクールの2日目です。

昨日の学科試験で間違えてしまった点を復習した後に、ダイビング機器の使い方を聞きながら
まずはプール講習のスタートです。

講習内容は様々なんですけど、
例えば口にくわえるレギュレーターという装置を水中で一度外して、もう1度くわえる。とか、
バディ(相方)の空気がなくなった想定で、自分のタンクから空気をあげる、等々
色々と実践することが多くて、プール講習が終わった頃には二時間半以上経っていました。

結構へろへろになっていたのですが、これでやっと半分の課程が修了。
今日は、その後に海に出て2本潜るのです。

ノイちゃんはプール講習で7割の体力を無くしてしまったらしく
横で見ていてもちょっと心配な状態。
とはいえここまできたらCカードのためにがんばるしかありません。
そのまま海へGO!です。

ボートでだいたい10分くらい移動して、最初のダイビングスポットに移動して
ゴーグル、シュノーケル、フィン、重りのベルトをつけて、海に入り
海上でBCD(空気のタンクとかがついたジャケット)を着て、そして潜ります。

しかし、、、耳の奥が痛い!!

これは海中と体内の気圧の違いによって起こるので、「耳抜き」という技術を使って
耳の中の空気を抜いていきます。
そして、耳の痛みが治まってきたらまた潜水するのですが、もし治らなかったら、ちょっと上がって、そこで耳抜きして、また潜ります。

こんな風にスキューバダイビングは無理をしないことがなにより大事なわけです。

1本目のダイビングでは、深さ8.5mを30分潜りました。
セブの海に比べると透明度は低くかったのですが、魚たちの営みを楽しむことができます。
ウミヘビやらフグやら、ぞっとするほどの大量のゴンズイなどがいました。

その後、陸に戻ってお昼ご飯でした。
ナシゴレン、ミーゴレン、サンドイッチの3種類のメニューしかないのですが
意外にここのランチはおいしくいただけました。

食事して、1時間くらい休んだ後、2本目のダイビングです。
ここでは、プール講習でやった内容の一部を海の中でやります。

また8.5mくらいまで潜って、空気を吸う装置を口から外してまた付ける、とか
ゴーグルの中に水を入れて、それを抜くとか、バディの空気が無くなった事を想定して空気をあげるとか。

ここでトラブル発生!

僕がノイちゃんから空気をもらう役をやった際に、実際に海上まで上がったのですが
そこでノイちゃんの気分が悪くなってしまったのです。
唇は紫になっているため、講習はそこで終了。

2本目のダイビングは32分で8.5mまで潜りました。

実際にはこの後、足がつった時の対処方法とか、疲労ダイバーの移動などがあったのですが、それは明日やることになりました。

海上にあがって一休みして、ノイちゃんが元気になってきた所で、ダイビングの記録をつけて、ホテルに戻ったのですが
戻った後はむしろ僕が疲れ切って、ベットに倒れ込む感じでした。

一休み後、ダイビングの先生のお薦めのレストランに向かったのですが、混雑してて相席じゃなきゃダメというので、今日はパス。
その代わりに昨日も行った、こちらもお勧めのデュランカフェでお夕食。
お勧めされたオックステールスープやナシゴレンは昨日食べてみたので、
今日はチーズバーガーとサーロインステーキなどを頼んで美味しくいただきました。

こっちは食事が安くて、例えばマクドナルドのソフトクリームが30円なんです。
それにチョコレートをかけたものでも40円。
上で書いたサーロインステーキも、日本だと2000円以上しそうな大きさでしたが1300円くらいでした。

町中の道はでこぼこしてて歩きにくいし、客引きはうるさいし、
正直な所、外に出歩いているだけで色々と疲れてしまう国ではありますが、
物価は本当に安くて、活気やエネルギーがあふれている。そんな国ですね、バリ。

明日はダイビング最終日。
ちゃんとCカードがもらえるように、がんばろう。

♪2012年07月10日(火)01:37  バリ島2日目
今回の新婚旅行には、ひとつミッションがあります。
それはダイビングの講習を受けて、Cカードを取得するというものです。

去年のセブ島での体験ダイビング

体験という事で7mくらいまでしか潜れませんでしたが、
そこには本当にきれいな世界が広がっていました。

ぜひまた潜りたい。できるなら1日2回潜りたい。そしてもっと深く潜りたい。
そんな希望を叶えるためには本格的にライセンスを取得するしかありません。
とはいえ、日本でライセンス取得となると、なかなかハードルが高い。

ところが、この高いハードル、海外でライセンスを取得するとグッと低くなります。
実際に僕らが申し込んだものは、3日間の講習でPADIのオープンウォーターライセンスが取得できるというもの、

お値段もお安い!

PADIというのはスキューバライセンスの団体名で、全世界で7割のシェアがあるそうです。
そしてオープンウォーターライセンスは18mまで潜れるようになるというもの。

なによりも重要な点として、
記念すべき新婚旅行というタイミングで、二人で一緒に資格を取る。
結構すてきじゃないでしょうか。

さて、背景はこのくらいとして、本日は学科講習を5時間くらいと、最後にペーパーテストでした。
ペーパーテストは50問中38点以上取得できれば合格。
結果はふたりそろって一発OKでございました。

学科試験が終わった後、ホテルに戻ってきたんですけど
本日はプール講習まであるって聞いていたから、ずいぶん時間が余ってしまいまして。
そこで、ホテルの裏手にある大きなビーチまで行ってみたんです。

素晴らしい見晴らしのビーチ

その中に沢山の人が居て、集合写真を撮るかのように横に並んでいたのですが
その周りに人だかりができていました。

なんだろうと近づいてみると、なんとウミガメの子供を放流するというイベントをやっていたんです。
カウントアップ1,2,3の後に一斉に海に歩き始めるウミガメたち。
テレビでは見たことあるけど、実際にそのシーンを見てみると、なんだかジーンとくるものがありますね。

ウミガメの後は、ハードロックカフェおよびハードロックホテルという前を通って
小路に入っていった所、非常に長くて細いマーケットがずっと続いていたのですけど
その細くて長いマーケットの道には、前からも後ろからもバイクや車がやってきます。
だから、道を出る頃には二人とも精神的に疲労困憊の状況となっていました。

その疲労をいやしてくれたのが、スパです。
もともとダイビングで疲れただろうという事でオプショナルツアーとして準備していたのですが、
思わぬ所で役に立ちました。

バリ島の車の運転は本当に危ないのですが、その危ない車で移動する事30分で目的地のスパに到着。
ここでは男性も女性と同じようにエステが受けられて、しかも僕らは夫婦だからは同じ個室でマッサージを受けることができました。

そこからは正直あんまり記憶にありません。それだけ癒されました。
今もぼーっとした頭で一生懸命フリートークを書いてる最中でございます。

あ、そういえば僕の受けたヘッドスパは途中でシャワーのお湯が出なくなるトラブルがありました。
やっぱり持ってる人間は違いますな。

とにかく眠いので、今日はこの位にさせていただきます。
誤字脱字は後で直しますので、今日の所はご勘弁くださいな。

♪2012年07月09日(月)00:15  バリ島1日目
バリ島に着いたのは現地時間の6時半ごろ。
東京都の時差は1時間で、バリ島のほうが早いんですよね。

バリ島は入国にビザが必要なんですけど、入手方法は飛行機から降りた後に
ビザの発行カウンターに行って25ドルで購入するだけです。
円では買えないので、ドルは事前に羽田空港で交換する必要があるんですけど、
僕もノイちゃんも一昨年グアムに行った時のドルが残っていたので、それで購入し出国カウンターへ。

出国カウンターではセブと同じで特に質問とかはなし。
そのまま顔と写真を見比べてOKって感じでした。

今回もhisのツアーだったんで、空港の出口で現地の担当者に会って、それでホテルへ。
でもホテルのチェックインが14時からって言われていたんですよね。荷物は事前に預けられると聞いていたんですけど、
それでもこの時点ではまだ8時前だったと思います。早すぎです。

で、なにをしたかというと、現地hisのクタ支店に行きまして
ツアーについていた「バリの正装衣装」を着られるという体験をしました。

その後に、hisクタ支店より歩いて7〜8分のところにあるMATAHRIというショップの1階にあるショップでSIMカードをゲット。

本来バリ島ではアクティベーションに登録が必要らしいのですが、旅行者にはショップの人が代わりにやってくれるらしく
ノイちゃんが使ってるSIMフリー版iPhone用と、僕のSIMフリーAndroid用と二枚のSIMカードを購入しました。

噂には聞いてたけど、iPhone用のSIMってマイクロSIMじゃなくて、標準SIMカードをカットするんですね。
窓口のお姉さん、二人がかりでSIMカッターでSIMをくり抜いていました。
ちなみに1枚210,000ルピアで買いました。日本円で2000円くらいでしょうか。

言葉の壁でもがいてる僕らのせいでお店にはその他のお客さんが並んできまして、
お店のお姉さんは焦りながら、一生懸命僕らの接客をしてくれました。ありがとうです。

SIMカードを買った後は、hisクタ支店に戻り、これまたキャンペーンに含まれていた15分のマッサージ体験。

その後、MATAHARIに戻り、他のフロアーのお店を見た後に
今回の滞在先クタ・パラディソの近くにある日本風?鉄板焼屋で
僕はチキンの照り焼きセット、ノイちゃんは炉端焼きセットのようなものを食べました。
メインの料理は日本の味ではなかったけど、なぜか薄めのお味噌汁は日本の味でしたね。

さて、お昼の後は、芸術村という所で買い物。
最初は雑貨がたくさん売っている所で、僕がカリンバとかミニボンゴで遊んでる最中、
ノイちゃんはしっかりと、今後買って帰るお土産の候補探し。

その後は銀を加工してアクセサリーを作る工場へ。
ここでノイちゃんはガムランボールを値切って購入。店員、最後には悲しそうな顔してました。
ノイちゃんに値切られた人は何人か見てきましたけど、あんなに悲しそうな顔になった人は初めてですね。

その人の恨めしそうな見送りを背中に受けながら次に行ったのが、タマンアユン寺院。
ここは山の神様を祭る場所のようです。

次に向かった場所は、バリ島最大の観光地と言われる(のかな?)
海の神様を祭ったというタナロット寺院。ここでは夕焼けがきれいらしく、観光客がいっぱいでした。
僕らはこの夕焼けを見ながらディナーができるツアーだったんですけど、
残念ながら雲が多くて、夕焼けはほとんど見ることができませんでした。

ディナーはインドネシア料理。
色々なメニューがあったんですけど、やっぱりアジア料理。大味でしたね。
よくある流しの4人組が強引に宇多田ヒカルを1曲歌ってチップを求めてきたり、
猫アレルギーのノイちゃんに猫がぴったりついて離れないなど、色々ありましたけど
なかなか充実した初日だったのではないでしょうか。

その後、ホテルに戻ってきて、それで今フリートークを書いてるんですけど、
外からバンドの生演奏の音が聞こえてるんですよね。

オアシス、ガンズ、MR.BIG、(たしか)レッチリ等々、
バリではバリサウンドよりハードロックが人気なんだろうか?
そういえば近くにハードロックカフェもあったはず。

現地時間21時頃ですけど、外から流れてくる音楽でもなかなか楽しめているバリ島でございます。

♪2012年07月09日(月)00:13  バリ島 出発まで
羽田空港国際ターミナルの江戸小路にあるうどん屋の「つるとんたん」で
ノイちゃんが巨大油揚げを乗せたきつねうどんを食べるところから、新婚旅行はスタートしました。

3人前までの麺までなら余裕で乗せられる大きなお皿に負けないくらいのお揚げの横で
僕は味の濃い、つけ麺ならぬつけうどんを食べていたんですが、
やっぱりノイちゃん、後半は味に飽きたみたいでした。

今回のツアーでは23時にガルーダインドネシア航空のチェックインカウンターに行く、という非常にのんびりしたものだったんですが
22時半にチェックインカウンターが開くちょっと前から並んで、早々とチェックイン完了。

その後、銀行で5000円分だけインドネシア諸島の通過、ルピアに交換したんです。
レートはみずほ銀行だと(100)1.15、三井住友だと0.0110と書かれていて、よく分からなかったのでなんとなく三井住友で交換したんです。

後から気がついたんですけど、これ100円で交換できる金額にすると、みずほ銀行のほうがレートが良いんですよね。
100円が1.15ルピアになるみずほ銀行に対して、三井住友1.10になるわけですから。

でも、驚きだったのがバリ島の空港に着いてから。

バリ島の空港はレートが良いと聞いていたんですけど、なんと空港のレートは1.14でした。
みずほ銀行のほうがレートが良かったのです。やるなあ。

話は戻りまして、羽田空港の出国ロビー。

出国手続きを済ませた後に免税店でも見ようかと思ったのですが、なんとほとんどの免税店は23時でクローズ。
なんだかなー、、、って思いつつ、まだ空いている店で機内で飲む水とかお茶とか
バリでお腹壊す人たちを数多く救った実績を持つというストッパを買ったりしてたんです。

ひととおりの準備も終わった頃の話です。

ガルーダインドネシア航空で出発のサカガミさま〜、出国ゲートのカウンターまできてください

!!?
へ?呼ばれちゃったよ?

理由はわからないから、とにかく行ってみるしかないのですが、
そこまでの百数歩の道のりの中で色々と理由を考えてみたんです。

僕が浮かんだ理由、それは「何かを落とした」でした。
ノイちゃんは「飛行機に乗り遅れて呼び出された!?」と思ったそうです。

正解は、両方外れ。

どうやら僕のパスポートがうまく読み取れなかったという事で
再度読み取らせてください、という事でした。

それにしても、いきなりこういう事が起きる事じたい
やっぱり「持ってるなあ」って感じますね。

せっかく神の住む島に行くわけですから、
この”持ってるもの”もすっかり浄化したいなあ、と、
かすかに頭によぎった出発だったのでした。

♪2012年07月07日(土)15:03  いざ!バリ島!
突然ではございますが、本日よりバリ島にいってまいります。

2月に結婚してから5ヶ月...忙しかった毎日。

仕事での立て続けの商品リリース(しかも全部担当)をリリースさせて
なんとか新婚旅行にこぎつけることができました。

バリ島というと、神の住む島?みたいなイメージと、バリっぽいサウンド、バリ雑貨、
そんなものしか頭にはない状況です。

はたしてどんなものがあるのか。

家に残していくプランター野菜たちは心配ですが、
約一週間、楽しんできたいと思っております。

今回の目的は、ダイビングCカードの取得!

ここでCカードを取っておいて、
いつかまた、あの美しいセブの海で潜るぞー

バリ島、噂では海はぜんぜん綺麗ではないらしいんです。
なので、後半に一日だけレンボンガン島って離島にいって、
綺麗な海を満喫し、マングローブを観てくる予定でございます。

去年は農作業で日焼けして、今年は海で日焼け。
アクティブで素晴らしい夏!カモン!

それでは天の川を隠す雲の上を駆けて、行ってまいります。

♪2012年07月04日(水)01:04  NETDUETTO
先ほどシンイチロウとNETDUETTOなるものを試してみました。

これはインターネット上で最大4名まで同時に演奏できるアプリケーションなんですけど、
「え? インターネット電話だってあるんだし、演奏だってできるんじゃないの?」って人もいるかと思います。

電話ってのは、実はわりと遅延していて
たとえば携帯電話で話をする時も、当然相手に声が届くまでにコンマ数秒のタイムラグがあるんです。

このコンマ数秒が演奏する人間にとって致命的なんですよね。

前回シンイチロウやカイヤマちゃんとSKYPEの音声チャットを使って演奏を試してみたんですけど
ホントにお話にならない結果に終わりまして。

で、このNETDUETTO、
この遅延を極力低くすることを実現し、演奏できるレベルになっているとの事。

で、試してみたんですけど
初期設定ではSKYPEなみに遅延してしまっていました。

しかし、シンイチロウ(Windows)のASIOドライバのバッファを下げた所、
レイテンシー(速度の遅延)も改善し、ギリギリ演奏ができるくらいのレベルにはなりました。

こういう事ができるようになると、スタジオで集合しなくてもある程度は練習とかアレンジができるようになります。

僕のピアノやシンイチロウのギターなら、まぁ良いのですけど
カイヤマちゃんのカホンだけはマイクから拾わなきゃいけないから
あんまりお家ではできないかもしれませんけど。

まぁエレキカホンがあればいいんでしょうけど、、、っと思って探したら
あるんですねー、エレキカホン。

それより一緒に見つけたGigPigという楽器。
http://www.moridaira.jp/gigpig

これこそカイヤマちゃん向きなんじゃないのか!?

うん。
ずいぶん夜更かしになっちゃったけど、かなり充実した時間になったのでありました。

♪2012年07月01日(日)00:14  第三者のコンテンツと一致しました
今、Youtubeの自分のアカウントの動画の管理をたまたま開いてみたら
ちょっと前にノイちゃんの友人の結婚式で歌ったブライアン・アダムスの曲の映像(2本)の横に
「第三者のコンテンツと一致しました」の文字が。

クリックしてみると...

---
あなたの動画には、次のような著作権で保護されているコンテンツが含まれている可能性があります:
"I Do It For You", 楽曲 管理者:
One or more music publishing rights collecting societies
UMPG Publishing

説明
あなたの動画は全世界でご覧いただけます。
動画の横に広告が表示される場合もあります。
コンテンツ所有者が選択するポリシーが変更された場合、動画のステータスが変わる可能性があります。 YouTube の著作権について詳しくは、こちらをご覧ください。

この申し立てはアカウントのステータスに影響を与えません。
---

そう

この動画、Youtubeの「限定公開」
いわゆる「リンクを知っている人だけが再生可能」の状態にしていたんですけど、
それでもこういう風に発見されたりするんですね。

とりあえず動画自体は非公開の状態にしました。
動画を削除するかは別に考えるとして、気になるのがこの著作権団体。

・One or more music publishing rights collecting societies
・UMPG Publishing

このふたつの団体名を検索すると、なんか手当たり次第にコピー曲の演奏に著作権侵害を訴えてるみたいで
色々な人が「異議申し立て」をして、そのまま訴え取り下げとなってるらしいのです。

それに
2008年「Youtube JASRACが管理する楽曲の利用に関する包括的な利用許諾契約を締結」と発表されており、
僕の演奏したブライアン・アダムスのI Do It For YouはJASRACの著作権管理下にあるため
僕自身で演奏した場合においてはYoutubeへの動画投稿は法的には問題がないという理解です。

よし!決めた。

とりあえず異議申し立てをしてみよう。
どうなるかな。

以下の文章で異議申し立てをしてみました。
---
I Do It For YouはJASRACの著作権管理下にあるため、今回のように自身で演奏した場合においては以下の包括稟議の適用内と考えています。

東京 ( 2008 / 10 / 23 )--- 世界最大の動画共有サイト YouTube™ ( www.youtube.jp ) は、このたび、日本最大の音楽著作権管理事業者である社団法人日本音楽著作権協会(本社:東京都渋谷区、理事長 加藤 衛。以下JASRAC)との間で、JASRAC が管理する楽曲のYouTube における利用に関する包括的な利用許諾契約を締結しました。

TOKYO, JAPAN (October 23, 2008)--- YouTube™ ( www.youtube.jp ) , the leading online video community that allows people to discover, watch and share originally created videos, and the Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers ( JASRAC ), Japan's biggest music copyright management association, today announced that we have entered into a comprehensive usage license agreement that will allow YouTube to use all the songs managed by JASRAC.
---

もし通らなかったらYotubeアカウントを削除されてしまうかもしれませんが
誤った認識なら早々に改めたいし、今後のためにもなるし。

でも、今までのライブをアップしてきてるから、アカウントは消されたくないなあ。

(追記)
2本アップした動画の内、1本はすぐに申し立てを取り下げてきました。
しかし、もうひとつは7/30まで回答保留状態と表示されています。

うーむ。

ひとつは通って、ひとつは通らなかったら、それはそれでおかしな話だし。
はたしてどうなるかな。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 

ALL   TODAY    YESTERDAY