さかがみフリートーク
♪2014年07月05日(土)20:40  入院7日目
入院7日目

ちょうど一週間経ったんですよねぇ、入院してから。
そして明日は退院となるわけです。

予定していたより1日短く、非常に順調に退院までたどり着きました。
今思い返しても、手術後の吐き気と点滴用の針以外には
まったく辛いことがない入院生活でした。

いや、ストレス要素はいっぱいありますけどね。
その大半はおそらく個人部屋にしてれば感じない部分だったと思います。

昨日のフリートークですが、僕は持っているのか?で締めました。
結論から言うと、今日ここに書けるような面白い話はありませんでした。

ただ、突然ノイちゃんのおじさん夫婦が片道2時間近い道中をかけて
わざわざお見舞いに来てくださいました。

そして元気をくださいました。

それだけじゃありません。
入院中、バンドのメンバーなんかも一応気にかけてくれる様子がありましたし、
その他にも色々応援をいただきました。

僕はこんなに温かい人のつながりを持っているんだ。
あらためてそう思えた入院でもあります。

人に甘えすぎて、どうやったら恩返しが出来るのか分からないけど
行動、音楽、仕事、色々な方法で少しずつでも返していければと思っています。

さて、夏の連続フリートークは今日でおしまい。
明日からはまた通常モードに戻していきますよ。

とはいえ引き続き、フリートークもご愛顧くださりませ。

♪2014年07月04日(金)22:46  入院6日目
入院6日目、手術から5日目にして
本日やっとシャワーの許可が出ました。

病院のお風呂は予約制なのですが、金曜日は男性は13:00以降からの日。
固形の食事に時間がかかる場合が多いので、昼食後、余裕を持って13:30からにしました。

しかし!こういう時に限って、お昼にウドンが出てしまう辺り
本当に持っているなぁと我ながら感心してしまいました。

でも、お風呂にも入ってサッパリできたし、
今日で点滴も最後になったので、本当に鎖骨からしたは何の問題もありません。

しかし、右顔がものすごい腫れてる...

まぁ耳の上から首筋まで切り裂いて、めくり上げて腫瘍を取ったわけですから腫れてて当然。
当然なんですけどね...ただ顔が太っただけにも見えるんですよねえ...

まぁ腫れがひくまではしかたない。

ところで上に書いたように耳をめくったからか
現時点では右の耳たぶには感覚がほとんどないみたいです。
それどころか耳たぶは腫れのせいで硬くなってます。

耳たぶの柔らかさっていうと、白玉団子やパン生地なんかの指標にされますが
今の僕の右耳たぶを基準にすれば、サクッとした歯触りの白玉団子や、釘が打てるパンが作れそう。

そのくらい硬い。

さて、今日で入院の大きなトピックは無くなります。
明日からは薬による治療をして、もう一晩病院で過ごしたら退院です。

入院トークがここで終わるのか、明日も書くネタが起きるのか
果たして僕は持っているのか?いないのか?

僕自身、ドキドキしながら明日に備えたいと思います。

♪2014年07月03日(木)21:18  入院5日目
入院5日目

今日もあんまり眠れなくて、寝不足気味に目覚めたのですが
点滴の針を抜いて眠れたので気持ち的にはかなり爽やかな目覚めでした。

そして今日は首から出てる管を抜けるかどうかの判定の日です。

そもそもこの管をなぜ入れているかというと、
耳下腺から腫瘍を取り除いた後、その穴の部分に色々な排液が溜まるらしいのです。
それが溜まってしまうと、色々な問題があるらしく、管を通して外に流す役割を果たすんです。

で、今朝の検診の結果、排液の量は無事に減っているとの事で
この管を抜ける事になりました。

管の太さは直径5mmくらい。
抜く時には痛いのかなあ?と少々ビクつく気持ちもありました。

実際に抜かれている感覚を文字で上手くかけるか分かりませんが、
耳の下から首筋にかけて、ゆっくりとゾワゾワと皮膚の中を何かが動く…

たとえば、長い虫とか…

音的には、先生が管を引く度に、ギュヌゥ、、、ググググィ
みたいな‼︎

わかりますか?
痛くはないけど、気持ちが悪い感じ。

ちょっと想像してみてください。
そして、夏の暑さが背筋からゾクっと冷めれてくれればいいなあ。

うん。
この気持ち悪さをシェアできた所で、次のエピソード。
点滴針の再挿入です。

つかの間の開放感に浸るまもなく、点滴の時間となりました。
そこで来た看護師さんに、また針を入れてもらうのですが、
なかなか血管が出てこないのか、指の先をひっきりなしに動かしてます。

まるでパッフェルベルのカノンのサビのフレーズをリコーダーで吹く時のように
上下に指先を動かしながら僕の腕を指先でなぞります。

やっと見つけた場所に向かって、刺しますね、の声とともに差し込まれる針。
しかし、、、

「あれ?出てこない。」

看護師さんのその言葉の後に、ゆっくり抜かれ、針先が抜け切らない所でまた刺される針。
それに合わせて針の高さに起隆する皮膚。
しかし、目的血管にどうやっても針が届かない。

2〜3回、この動きをした後
「失敗です」

看護師さんはそう呟いたのです。

針の穴の部分だけの微々たる出血は、まるで
それまでに起こった過程なんて、大した事ないよ。
だってほら、これしか血が出てないでしょう?

僕にそう語りかけているようです。
看護師さんの代わりに。

そう、男とは我慢で作られるのです。

その後、反対側の腕で再チャレンジ。
ここでは、先ほどより短時間で刺す場所が決まり、
そして針の挿入後、2回目にして針は目的の場所に到着しました。

針の到着を歓迎するかのように、血は噴き出てきました。
看護師さんが次の行動をするよりも早く!

数秒後に僕が見たのは、軽く血染めの腕でした。
まるで看護師さんの努力を労うように、白い腕の上を赤で彩られて。

そこまではまぁいいでしょう。
でも、その後に看護師さん、血を拭くために色々動くんです。
それに合わせて腕に刺さった針もグリグリ動くんです。

この時ばかりはさすがに痛いと口に出ちゃいましたね。

ダメ押しに、その後の点滴中
腕から点滴が流れ落ちてきまして…
ナースコールを押してみた所、まったく応答なし。

結局20分後位にまた来た看護師さんに事情を伝えて、
改めて対処をしてもらったのです。

もう早く退院したい。

そんな想いから、それまでお粥だった主食をご飯に変えてもらったのですが
噛む動作は手術跡に与えるダメージも大きく、かなり痛みが強くなってきてしまって
今日はなんだか軽くストレスの上乗せがありました。

そんな不満をガッツリとぶつけたフリートークなのでした。

♪2014年07月02日(水)22:15  入院4日目
入院4日目

の前に、昨日のフリートークを書いた後、僕は疲れきってまして
そのまますぐに寝てしまったんです。

で、すごい変な夢を見たんですよ。
内容はほとんど覚えていないんですが、色々なシーンの夢でして。

なぜか黒スーツで鉄砲を打ちまくってたり、
刃物を振り回していたり。

すべてのシーンに共通するのは「流血」
まぁ、流血は悪い夢じゃないはずなので、それはそれとして
なんて影響を受けやすいのだろう、と、ちょっと恥ずかしくなりました。

今僕の首からは管が出ていて、そこから血液混じりに色々な排液が出てるんですけど
その血と入院中のストレスで暴れたい気持ちが、こんな夢を見せたのかなあ、と。

正直ストレス溜まってます。

傷口は見た目ほどは痛くありません。
しかし、点滴を打つために左腕に刺しっぱなしの針がかなり苦痛でして、
今日は赤みが広がってきたので、夜に1度外してもらうようお願いしたんです。

その夜の点滴は痛みがかなりありまして、
終わったらちょっと腫れてました。

看護婦さんに言って針を抜いて貰いましたが、
たったそれだけで自由になった感じがすごい!本当に嬉しい。

そんなわけで、今日は久々に両手でタイピングをしています。
スラスラ書けます!

どうしよう?小説でも書こうか?ってな位です。

明日からまた針を刺すはずなので、束の間の自由なのですが
今だけでも大きなストレス源がなくなった状況をしっかり楽しみます。

せっかくなんで書き忘れてたエピソードを。
病院は21:30消灯なんですが、手術後の夜中、僕はなかなか寝付けなくて
ベッドの上で座ってぼーっとしてたんです。

そしたら見回りの看護師さんが、患者がいるかの確認に来たんです。
入り口付近から時々懐中電灯を付ける光が見えました。

僕は窓側にいるので1番最後に確認に来たのですが、
明かりを点けた瞬間に看護師さん、ビクッとして固まりました。

「あ、すみません。起きてました。」

そう伝えると看護師さんは、

「びっくりしたー
良かったー、人で。」

人でって!
なんとも想像力のたくましい看護師さんの微笑ましいエピソードです。
けっして僕が獣っぽかったわけじゃない!!

はず…

♪2014年07月01日(火)20:46  入院3日目
入院3日目、手術翌日。

昨日はずいぶんと朦朧としていた意識が多少明確になり
吐き気とかは治まりましたが、痛みはある感じでして。

自力で動けそうなのでトイレに行きつつ鏡で自分チェック...

痛々しい‼︎
これはなかなかに目に痛い姿‼︎

耳から首にかけて大きな切り傷があり、そこが血で黒く固まっていて
首も腫れてて、ひどい様相です。

で、朝に検査があったのですが
その痛々しい箇所を見て、医者が一言。

うん、いいですね

この人、普通の感覚を忘れてます。間違いなく。
とはいえ、経過は良好らしく、
ちょっと上唇付近に痙攣があったので相談しても、
麻痺は無いので心配ないでしょう、と。

ならいいか。
そう思うしかない。

そして切り取った腫瘍も見せてもらったんですが、
でかかった。想像よりはるかに。

ゴルフボール位を想像してたのですが、それよりも全然大きかった。
あんなのが耳下腺の中で幅を利かせてたんですね。

先生曰く、ぱっと見では良性ぽいとのこと。
良性でありますように。

それからは、ちょっと熱を出したり、朝晩2回、点滴をしたり。
お見舞いに来てくれたノイちゃんや母親に昨日の様子を聞いたりしました。

昨日はホント見るだけで心配してしまう状況だったようで
今日の姿を見て安心していました。

しかし、色々な感覚が戻ってきて、痛みは増加中。
なのに痛み止めの薬をお願いしてから、まもなく3時間。

こういう放置はちょっと悲しくなりますね。
と、愚痴をこぼして今日の締めとします。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 

ALL   TODAY    YESTERDAY